読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーミフィケーションでGo!

ゲームの仕組みで、社会を変え、世界を救おう!

MENU

「オススメ商品を売りたいときは覆面商法」の書

文庫X

 

文庫Xというのを、聞いたことがありますか?

 

いや、容疑者Xではなく。

 

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

文庫Xとは、書名、著者名、中身を隠した覆面本。

 

読者へのメッセージを書いたカバーをかけ、情報は「値段・ページ数・ノンフィクション本」ということだけ。

 

f:id:merasouma:20170119220105j:plain

 

謎を含んだ売り方が話題を呼び、累計20万部近くに及ぶ大ヒットとなったそうです。

 

覆面商法」、何とも斬新なマーケティングです。

 

あのTSUTAYAも、NOTジャケ借という同じようなサービスを展開しはじめたとラジオで放送していました。

 

top.tsite.jp

 

 

隠されていたら知りたくなる

大した情報でなかったとしても、隠されていたら知りたくなるのが人情ではないかと。

 

袋とじなんて、正にそんな心理を突いた仕掛けですよね。

 

こういった手法を使って、何かできないかと思案橋

 

うちのおんぼろテレビを見て、閃いた!!

たまに、画面が消えてブラックアウトし、音声しか流れなくなるのをヒントに。。。

 

例えば、YOUTUBEとかで、画面真っ暗で音声だけ流してみるとか。

 

で、映像が見たかったら、商品を買ってくださいっていう仕組み。

 

案外、いけるのでは?

 

どうすか?

 

 


最先端のゲームブログをCHECK!

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村