読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーミフィケーションでGo!

ゲームの仕組みで、社会を変え、世界を救おう!

MENU

「安全運転で得するゲーミフィケーション」の書

事例

スピード違反、(゚Д゚)ゴルァ!

 

仕事帰り。

原付バイクが並走をしてきて。

 

f:id:merasouma:20170113220953j:plain

※写真はイメージです。 

 

明らかに、フルスロットル、エンジン全開というスピード。

 

今のバイクは、リミット以上にスピードが出ると聞いたことがあるので、時速60kmは越えてたかもしれません。

 

危ないのと、腹が立ったのとが入り交じり、こちらも加速して、振り切るの巻。

 

(スピード違反で捕まればいいのに)

 

と心の中でささやくこともあるのですが、得てしてこういう輩って、運のパラメータが高いんですよねw

 

なかなか捕まらず、事故りもせず。

マジメでも、運がない人が、トラブルにあう。

 

うーん、理不尽だ。

 

 

スピード違反抑制宝くじ

 

いつもマジメに運転している人に朗報!

 

制限スピードを守って運転すると宝くじにあたるという、夢のような取組みがあるというのです。

 

残念ながら日本ではなく、スウェーデンなのですが(^_^;)

 

以下、紹介しているHPからの引用。

 

このアイデアはいたってシンプル。

スピード違反を取り締まるために、道路に設置したカメラで違反車の写真を撮ります。

同時に、制限速度を守って走った車の写真も撮ります。

スピード違反を犯したドライバーには違反切符を、制限速度を守ったドライバーには宝くじの当たり券をプレゼント。

宝くじの賞金は、スピード違反の罰金から支払われることになっています。

 

罰則を与えると同時に、良い行いをした人には褒美があるというのは、素晴らしい仕掛けですよね。

 

その効果もてきめんで、24,000台の車を対象に3日間で22%も平均速度が下がったそうです。

 

安全運転は当たり前のことで、褒められるからとか、得をするからとかというものではありませんが、正しきものには恩恵を、悪い奴には罰をと思ってしまうのは、ボクだけでしょうか?

 

スウェーデン、いいなぁ。

宝くじ、いいなぁ(笑)

 

greenz.jp

 

 


最先端のゲームブログをCHECK!

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村