読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーミフィケーションでGo!

ゲームの仕組みで、社会を変え、世界を救おう!

MENU

「お寝坊をゲーミフィケーションで解決してみる」の書

事例

朝は眠いっ!

なんか、40才過ぎてから、妙に朝がつらい気がします。

眠気が半端ない。

 

まぁ、原因は分かっていて、もう少し早く寝たら良いと思うのですが、色々やってたら夜も更けて。

 

うちの子どもたちも、朝起きるのはギリギリの時間で、学校の用意に間に合いかねている状況。

 

 

弟なんて本当に起きることができず、その昔、母が数回起こしに来るのが日課でした。

 

しかも、自分が遅刻しそうになって、

 

弟「何で起こさんかったんぞ(怒)」

 

母「起こしても起きんかったけん、ほっといたんよ」

 

弟「手ぇ、引っ張ってでも起こせや!!

 

と逆ギレする始末w

 

なかなか、朝は大変なのです。

 

 

お寝坊対策

何とか寝坊を防げないものかと、「早起き」とか「寝坊対策」というキーワードで検索すれば、いくらでも関係したサイトが見つかります。

 

他にも、書籍とか

 

めざまし時計

 

 

スマホアプリ

 

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

  • Northcube AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

ユーザーが設定した時間の周辺で、浅い眠りの時にアラームを鳴らすことにより、快適な目覚めを提供するというアプリ。日本ではApp Store通算500億ダウンロード記念ランキングで歴代有料アプリ第1位

 

 

など、心強い対策商品が、世の中には送り出されています。

 

 

ただ、いくらそういった商品が優秀でも、結局は自分自身の心構えではないかなと思ったりするわけで。

 

lrandcom.com

 

 

早起きをゲーミフィケーションで考える

なかなか一人では習慣化(継続)することも、難しいのではないかと懸念もあり。

 

なので、対戦プレイ・協力プレイといったゲーミフィケーション要素も交えて考えてみたいと思います。

 

 

ボクの場合は、子どもとの対戦。

 

朝刊を取りに行くのは子どもの役割となっているのですが、このところ起きるのが遅いので果たせないことも多く。

 

この朝刊について、報酬(小遣い)を設定し、親子の対戦を持ちかけることで、お互いの早起きに対するやる気につなげたいなと。

 

名付けて、朝刊ダッシュ(奪取)対決w

 

新聞も読めたり、読めなかったりなので、社会情勢を把握するために、早起きした時間を活用するつもりです。

 

就寝目標時間も定めて、23時には床に就きたいと考えています。

概ね、7~8時間が適した時間といわれているので、それを元に設定して。

 

 

他の人に自分の行動を見てもらうことで、生活規則を守るというのも一つの手かと。

「早起きする!」という決意表明みたいなものですね。

 

そういったアプリもあるようです。

 

play.google.com

 

遅刻すれば、それがTwitterで意志に関係なくツイートされてしまうという恐ろしいもの。Facebook版もあります。

 

でも、自分の失態、醜態をさらしてしまうのもねぇ(^_^;)

早起きに向けた覚悟にはなるかもしれませんね。

 

 


最先端のゲームブログをCHECK!

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村