読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーミフィケーションでGo!

ゲームの仕組みで、社会を変え、世界を救おう!

MENU

不具合に対するお詫び

オンラインゲームは、メンテナンスや不具合調整が、時々あります。

 

普通であれば腹が立ったりしますが、お詫びにプレゼントを贈ってもらうと、ラッキーと思っちゃいますよね。

 

星のドラゴンクエストの場合は、ジェム(仮想通貨)の配給。

 

そうなると、むしろ、ジェムが欲しいときに、「何か不具合が起こってほしい」なんて願ったり。

プレイヤーの心理をついた、うまいやり方だと思います。

 

 

これは、現実社会でも、ある話。

 

例えば、レストランでメニューを間違えた場合に、おまけをつけるなんて聞いたことがあります(実際、体験したことはありませんが)。

 

そうすると、確かに客は「ミスしても、いいや」と思うかもしれませんが、店側にとっては損失になってしまいます。

 

そういう意味のサービスではなく、長時間待っている方への気配りなどをした方がよいのではないかと。

 

待ってる間だけ、人気の本が読めるとか(座席には持っていけない)、ある程度の時間を過ぎたら、ドリンクバーが無料になるとか。

 

できるだけ、利益に関係しないようなサービスが良いと思いますが、待ち時間のサービスが人気となり、総体的に店の利益につながるのであれば、そこに投資するのも一つの手段かもしれません。

 

待ちぼうけ」の歌よろしく、「待って得する」というサービスを見つければ、意外といい商売になるのでは?

 

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村